コロナのことや太陽そよ風などについて勉強した

コロナなどについて修練しました。コロナはきわめて希薄な空気ですが、コロナグラフという特別な機材やX線で測量されます。コロナの気温は約200万Kで、彩年代や光線球にくらべてはるかに熱だ。このため、コロナの中では水素やヘリウムの原子が太陽主軸と同様にイオンと電子に電離していて、これらの粒子がテンポされ宇宙余剰に流れ出しています。そういった粒子の流れを太陽ぶりといいます。太陽ぶりは、地球の磁気圏(地球磁場の波紋部門)に大きな影響を与えています。太陽ぶりは荷電粒子の流れで、その調子は300〜900km/sに達しています。太陽上っ面を測量すると、黒点や空気の沸騰ことなど太陽の激しい機能がわかります。太陽の機能が盛んになると、地球にも各種波紋が現れます。光線球に起こる黒点は、まわりの光線球にくらべて約1500〜2000Kほど気温が安く、そのため黒く見えています。このことを勉強して、知らないことを知れて良かったなと思いました。http://nyota.co/