主婦の日常。毎日の献立作りは本当に大変!!

主婦業を経験した人ならわかる、毎日の献立を考えること。
自分一人なら、コンビニやスーパーでフラフラして好きな食べ物を選んだらいいだけ、
でも家族がいると、とにかく悩まされる献立。
まずメインを何にしたらいいのか。
肉、魚、ご飯もの、麺類など。
この選択で献立完成度30%位を占めている感じ。
例えば、メインに肉を持ってきたら、豚肉、牛肉、鶏肉から選択。
毎日牛肉って訳には行かないので、お財布事情と相談しながら決定を。
この日は鶏モモ肉が特売だったのでから揚げを作ることに。
その次はサイドメニューの選定。
買い足してもいいし冷蔵庫を一掃するのも一工夫。
冷蔵庫にはりんごと白菜があったので半端もの組み合わせで、
塩もみ白菜して、りんごとを混ぜ合わせてごま味噌にすることに。
もう一品にはカットトマト。
この段階で一皿に鶏からあげ、サラダを盛り付け完成。
この時点で完成度は、65%位。
後は、汁ものに、これまた残った野菜でコンソメスープに。
人参玉ねぎジャガ芋で簡単に汁もの完成。
これで献立完成度は80%位。
あとは台所にたって黙々と調理開始。
そう私の中では献立に8割近くの労力が注ぐ結果。
あと残り20%が調理と片付けです。
割合は人それぞれ違うだろうけれど考えるって本当にエネルギーが要ります。
この作業が毎日、365日。
何とか手が抜けないかな、と思う日々です。脱毛ラボ 予約 カウンセリング

デスクトップパソコンの自作をして高スペックかつ高性能なマシンを手に入れました

昨日なのですが、デスクトップパソコンの自作を行い高性能かつ高スペックなマシンを手に入れる事ができたので今でもテンションが上っている状態となっています。どのくらいの費用をかけて自作をしたのかというと30万円程使っております。このくらいの費用をかけないと高性能かつ高スペックなマシンを手に入れる事ができないのでかなり頑張りました。

何が1番高かったかというと、CPU・グラフィックボードであり、最上位モデルを買ったのでかなりの価格がしましたがなんとか買う事ができています。デスクトップパソコンの自作は過去に何度かやっているので作業手順や知識はしっかりともっているのでスムーズに対応する事ができました。今回はハードディスクは使わず全てSSDにしている状態となっています。ちなみに自作したデスクトップパソコンにはSSDが3つ搭載している感じとなっています。

とりあえずこの1週間は様子を見つつ、自作したデスクトップパソコンを使っていこうかなと思っています。

ロンドン五輪監督だった関塚隆氏のイメージが一変した

先日の文化放送でのW杯アジア最終予選日本対オーストラリア戦の解説はロンドン五輪で代表監督を務めた関塚隆氏でした。
その時のゲストが小柳ルミ子さんでしたが、関塚氏の話がまるでどっかの下品なおっさん風に聞こえた私の耳がどうかしてるのかも知れませんが、途中からはあれでホントに早稲田卒なのかという疑いの眼差しに変わってしまっていました。
その話しぶりが都会風のオシャレな見た目とは全然違っていたので私としては相当意外だったのですが、
あの語り口からは私には何年たっても訛りの消えない地方から出て来た人みたいなイメージしか湧きませんでした。
ですからあのレベルの解説であれば小柳さんに代わってもらってもいいのではとそれくらいに思えたのがちょっとショックでもありました。
関塚氏が今どちらで監督なさってるのかは知りませんが、文化放送に出たおかげでこれまで私の持っていた関塚隆というの人物のスマートなイメージが大きく毀損されてしまったような気がしました。
そしてそれとは裏腹に小柳さんの勝利の女神的な魔女パワーみたいなものを改めて感じさせられてしまったのはまさに皮肉としか思えません。