千葉産じゃないビワを低価格で買ってきたが、うまかった。

ビワを久しぶりに買ってきました。私が住んでいる千葉県はビワの産地でもありとても美味しい…のであるが、まあ高いわけである。
買ってきたのは、千葉県産ではなく九州のどこか(多分長崎か鹿児島だったと思う)産で、ちょっと痛んでいた1つを取って安売りしていたものだ。なんと5個で80円と安かったので買ってきたわけ…
ちょっと腐りかけだから安かったのかなと思ったんだけど、家に帰ってきてみて食べると全く問題がない。母が好きだから、ペロッと5個等平らげてしまう。
まだ、2つほどパックであったから買ってくればよかったと思うが後の祭りである。
もう一度行ったとしても多分もう半端物だから、売り切れているだろうしね。
兎に角、母も私も果物が大好きで必ず1日になにかしら果物を買って食べている。ただし、時期を外れればやはり林檎も苺なんかも高いわけでなるべく安いものを選んでいるんです。まあ、果物で安いってのは最近バナナぐらいしかないんだよね。http://www.poieodesign.co/5man-sokujitsu.html

コンビニのイートインスペースの賢い使い方

最近、コンビニの店内で広いイートインスペースを設けているお店が多くなってきました。
以前までは「とりあえず作りました」的な感じの、2、3個スツールを並べただけのようなものも多かったように思います。
しかし、しっかりとパーテーションで区切り、席数も10席から15席くらいあるお店も増えてきましたよね。
ただ商品を買うだけでなく、コンビニで過ごすということ新たな利用用途が生まれつつある用に思います。
特に、朝のオフィス街にあるコンビニの光景を見て、そんな風に感じてしまいました。
というのも、朝早くからたくさんのサラリーマンがパンを食べたり、コーヒーを飲みながら過ごしています。
出社には少し早い時間だと思っていたのですが、これはけっこう賢い使い方かもしれません。
朝早く家を出て早い時間の電車に乗れば、ぎゅうぎゅうの満員電車を避けることができます。
いわゆる時差通勤です。
そして、コンビニで朝ごはんを買い、ゆっくりと食べてから出社する。
スターバックスなども朝早くから営業していますが、毎日利用するには少し値段が高いでしょう。
その点、コンビニなら、下手をすれば自炊するよりも安く済んでしまいます。
ストレスフリーな電車に乗り、しっかりと朝ごはんを食べて仕事をする…
もしかしたら、コンビニのイートインが会社員の生産性を変えてしまうかもしれません。